至上の印象派展ビュールレ・コレクションに行ってきました。
 美術はからっきしの私ですが、電車の中吊りの「絵画史上最強の美少女」というキャッチコピーに心ひかれたものですから。
美少女

 何の予備知識もなく行ってみると、これは、実業家のビュールレ氏が個人で集めたコレクションとのこと。

 絵はまったくわからない私だけに、注目したのは、点描とか線をぼかした絵ではなく、写真みたいな絵でした。
 アントニオ・カナールの、ヴェネツィアの景観を描いたものはすごかったです。
 太陽の光とか、ほんとに写真のよう。
 街の人々がすごく細かく描かれているところにも目をひかれました。

 そして、本命の「美少女」。
 12~14歳くらいかと思ったら、8歳とのこと。
 たしかに、手がちょっとぷっくりとしていて、少女というよりはまだ幼女っぽいです。

 実際に見てみると、たしかに文句なく美少女で、個人の好みを差し引いてもほとんどの人が「美少女」と言うとだろうな・・・と思うのですが、顔が妙に青白い感じ。
 手はちゃんと肌色だったので、モデルの少女がおしろいを塗っていたのかしら・・・?

 そして最後は、撮影OKのクロード・モネ。
モネ

 さらに、最後の最後でグッズショップに圧倒されました。
 チョコからマスキングテープに一筆箋、クリアファイル・・・。
 ほんと、色々でした。

 空いている、というほどではありませんでしたが、駅や電車で宣伝しまくっている割には混んでなくて、サクっと見てまわるのにちょうど良かったです。
line
 誕生日記念で鴨川ひとり旅してきました。

 今回は、休日に行って平日に帰るプランです。
 高速道路の混雑が心配なので、往路は特急にしました。
 えきねっとの割引を使えば高速バスとほぼ同額です。

 朝10時ごろ到着したら、まずはちょっと展示水槽。
アザラシ

 これ、寝ているアザラシにもう1頭がちょっかい出している図です。
 陸のアザラシは寝ながら手で払ったり、頭を動かしてうが~っと怒ったりするんですが、水中の子はめげずに何度もアタックしてました。

 続いてショーをまわりました。
 イルカのスタジアムはけっこう寒いです。
イルカ

 そしてシャチは大混雑。
 シャチショーが観られるのはここと名古屋だけですし、内容も大迫力ですから、それは人気も出ますよね。

 コンビネーションジャンプは圧巻。
シャチ

 さらに、このショーの特徴は、客席に水がかかりまくること。
 席によっては本気で頭からずぶぬれになります。

 ジャンプで水がはねるだけじゃなくて、シャチが尾びれで観客たちに水をかけていくんです。
 一度、真夏に着替え持参で水を浴びてみたい気はしますが、今は冬なので、私は後ろで立ち見してました。
 それでも、ちょっとしぶきがかかったかもしれません。

 アザラシは陸にもいます。
 みんなでお昼寝してました。
おひるね

 セイウチは、呼んだら返事をするくらいお利口です。
 飼育員さんがわざと違う子の名前で呼びかけるとぜんぶ無視するのに、自分の名前にはちゃんと応えます。
 私も後で試してみましたが、声が届かなかったのか、知らない人が呼んでも相手にしてくれないのか、呼んだ子じゃなくて、違う子が相槌をうっただけでした。。。

 お宿は、シーワールドむかいのかんぽの宿。
 ここ、露天はないし、メインの浴槽は温泉じゃないので、夜はただの大浴場ですが。
 日の出が見えるので、晴れた日の朝は最高です。
日の出

 朝食の後は、海を散歩して、部屋でくつろいで、菜の花畑を見にいって、駅近くでまた海を見て、高速バスで帰ってきました。

 職場へのお土産が、軽いながらもけっこうな大きさになってしまったので、東京駅からの帰りが大変でしたが、充実した誕生日旅行となりました。

 また何年かしたら泊まりたいです。
その時もどうか晴れますように☆

line
 今日は、秩父の尾ノ内百景氷柱に行きました。
 お気に入りの場所で、もう6年目かな。

 この厳冬で、氷柱は例年にないド迫力。
尾ノ内

 秩父3大氷柱のうち、ほかの2つが値上げした中、1人200円に据え置いたところも魅力です。
 しかも、甘酒を無料でくれるし、有料メニューもとってもおいしい!
 
 今年にしては珍しく暖かい日で、穏やかに観賞できました。

 続いて、いちご狩り。
 2年前に行ったところですが、当時は2種類だったいちごが4種類に増えていました。
 私のお気に入りはべにほっぺ。やよいひめは、ちょっと酸味があります。
 あと、かおりのと・・・最後は忘れましたが、コージーコーナーのショートケーキに良く合いそうな甘い品種でした。

 さらに、手打ちそばをいただいて、薬師の湯でひと息。
 ここは露天もないシンプルなお湯でした。

 そして、午後4時過ぎに秩父を離れようとしたら・・・あしがくぼ氷柱ライトアップの渋滞にはまり、1時間足止めされました。
 まだ4時過ぎですよ! 今はもう6時まで明るいんですよ!!

 来年以降、氷柱ライトアップの日は3時に秩父を離れようと固く誓いましたが、今日は小鹿野を堪能できました。 

 久しぶりに小鹿野こいし買ったので、後でゆっくりいただきます。
line
ココスの期間限定スイーツ、恵方巻クレープ。
恵方巻

クレープの中はホイップクリームとチョコブラウニーです。
ブラウニーの濃厚感、生クリーム、そしてナッツがとってもいい感じ。

私好みのすてきなスイーツでした。
ぜひ来年もやってほしいなぁ。

でも、恵方巻って、特定の方角を向いてかぶりつくものですよね。
これがなぜ「恵方巻」なの? 普通のクレープでいいじゃん??
・・・と、思います。

スイーツ自体はとってもおいしかったけど、ちょっと疑問が残る企画でした。
line
 先月はカフェづいてました。

 同僚と仕事で出かけて、す~~っごく半端な時間になったので、午後4時半に星乃珈琲でランチ。
 さすがに食事という気分ではなく、スイーツに流れました。

 私は正直、星乃のスフレパンケーキはあまり好みではないので、フレンチトーストです。
星乃
 美味しかったけど・・・ドリンクもつけて1,000円オーバー。
 前日にパセラで、食べて歌って650円だったのとは大違いです。

 同僚との親睦、という意味ではこれも大切な時間ですが、食事としては高すぎる。。。
 私はやっぱり、もっとおトクなのがいい!

 ということで、サンマルクカフェの創業祭パック。
サンマルク
 チョコ増量のチョコクロとドリンクチケットが各5つずつで、1080円。

 独り暮らしではチョコクロを食べきれないのでためらっていましたが、ネットで見たら冷凍できるとのことだったので、喜んで買いに行きました。
 久しぶりのチョコクロ、しかもチョコ増量、おいしかったです。

 そして、新規開店したタリーズの開店記念パック1,000円。
 クッキー、ワッフル、さつまいもチップス、バームクーヘンと、ドリンクチケット2枚です。
タリーズ
 さつまいもチップスは家でいただくことにして、あとは職場のおやつにしてます。

 サンマルクとタリーズはかなりお得なパックですが、ドリンクチケットを持っていったら、スイーツを追加してしまいそう。
 サンマルクならフレンチトーストとパフェ、タリーズならパンケーキがいいかな。

 ・・・かえって高くつきそうな予感ですが、ふだん食べないスイーツを食べに行く気になるのなら、それはそれでOKってことで。

 ついでに今年は、ミスドの1,000円福袋も買ってます。
 甘いものの食べすぎには気をつけて、ちゃんと時期を分散させて使わなくては。
line
 美術関係にはまったく関心がない私ですが、損保ジャパンの美術館にはちょっと行ってみたかったので、「クインテットIV 五つ星の作家たち」を観賞してきました。

 この期間展示は撮影OKです。
 「ネットに掲載するときは、展示会名、作者、作品名もあわせて記載するように」との注意書きがありました。
 なにぶん初めてなので、ふむふむ、それが美術鑑賞のマナーなのね・・・と、思いながら、気になったいくつかを撮影。

 というわけで、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で撮影した作品です。

 緑の隙間/竹中美幸
緑の隙間

 INFINITY PURPLE No.3/青木恵美子
PURPLE

 INFINITY WHITE/青木恵美子
WHITE

 Anima/室井公美子
 Anima

 さて、この美術館が気になっていた理由は・・・これ。
 名探偵コナン劇場版「業火の向日葵」比較画像です。
業火の向日葵
 アニメには無くてリアルには在る、中央下部の高い建物は、バスタ新宿。
 映画は2015年ですから、当然、描かれてません。

 ゴッホのひまわりがあるエリアは撮影禁止でしたが、まさに映画で見た「ひまわり」展示シーンそのまんま。
 天下の名作「ひまわり」を見ながら、ここのベンチにおばあさんが座って、哀ちゃんと会話してたんだよね・・・なんてアニメにひたってました。
ひまわり
 入口通路の複製画を撮ってきたので、これでコナンの世界にトリップすることにします。

line
今さらですが、昨年の温泉記録をまとめてみます。

2月 かんぽの宿 喜連川温泉
   思川温泉
   のめこい湯
3月 さわらびの湯
4月 ももの里温泉
   梵の湯
   祭の湯
5月 祭の湯
   かんぽの宿 青梅
10月 花鳥風月
11月 梵の湯
    のめこい湯

 就職活動中は、もちろん面接の呼び出しが最優先。
 なので、働いてないとはいえ、平日にはほとんど時間がありませんでした。

 そんな中、「今なら、絶対に面接が入らない!」というタイミングで直前予約したかんぽの宿。
 雪の中の温泉はすっごく風情がありました。
 帰りには、思川温泉を堪能。

 就職が決まった5月には青梅でひとり旅。
 開業直後の、西武秩父駅隣接温泉にも行きました。

 その後は、有給休暇がないので旅行はお休み。

 10月には、懸賞でキリンビール様からいただいた金券を使って、サイボクハムの温泉「花鳥風月」へ。
 ここは、ぜひまた行きたい素敵な温泉でした。

 そんなこんなで、一昨年より回数は減りつつも、温泉趣味は健在だった昨年。
 今年もすでに温泉につかってます。

 今年はいくつ行けるかな。

line
 先日、仕事で秋葉原ランチをすることになったので、パセラの昭和通り館に行ってみました。

 アキバのパセラは初めてです。
 アキバは私の行動圏内ではないので、サイトをチェックしたこともほとんどありません。

 行ってみると・・・
 タツノコルームだったらしく、そっち関係のフィギュアがいっぱい。
秋葉パセラ

 食事の提供が早かったので、50分くらい、誰にも邪魔されない自分の時間を満喫しました。
 ご飯食べて、歌って、楽しかった~~~!

 もし、また一人でアキバに行く機会があったら、お昼にぶつけられるよう全力で調整にかかろうと思います。
line
 たまにココスでお茶するのが好きな私。
 だいたいはドリンクバー割引クーポンがある時に行くんですが、今回は期間限定デザートがどうしても気になって、定価で行っちゃいました。

 お目当てはイチゴのクレープです。
ココス2018
 毎年やっているメニューではありますが、今回はちょっと内容が違っていて、チョコプリンとパリパリカールチョコが入ってます。

 う~ん、個人的には、今までの、チョコなしバージョンのほうが良かったな。。。

 節分期間限定スイーツもイチゴ&チョコですが、今回のクレープと違ってイチゴとチョコがきっちり分かれているように見えるので、また行ってみます。
line
 今年初めての秩父は、1泊旅行で。

 ・・・しかし、正直、今回はハズレでした。
 こんなこともありますよね。。。

 まずは、あしがくぼの氷柱。
芦ヶ久保
 内容に問題はないですが・・・今年から100円値上がりしてました。
 
 続いて、高砂ホルモン御花畑駅前。
 これは美味しかったです。
 それに、炭火がもくもくしているのが雰囲気あります。
 カシラ、シロ、タンを堪能しました。

 お宿は、吉田エリアの「ばいえる」。
 ここは前に一度泊まったことがあり、ロビーのコーヒーサービスや朝食がとっても良くて、2回目の宿泊にきたのですが・・・。
 とっても美味しかった地元グルメのこんにゃくが、今回はありませんでした。
 それに、これは私がマヌケなのですが、露天風呂つき客室を予約したところで、この真冬に部屋の露天風呂なんて入れるものではありません。
 大浴場の内風呂でしっかり身体を温めてから露天に行くことで、凍えずに済むんです。

 大浴場へは夜と朝の2回行き、どちらも独占できたのは最高でしたが、この内容で12550円は、かんぽの宿2食付11000円と比べると、あまりにも。。。って感じでした。

 続いて、三峯神社。
 風が無くても、めいっぱい寒かったです。。。
 でも、御神木にも触れて、奥秩父の気をとりこむことができました。

 ここ、最初の門は普通ですが、本殿などはかなり派手な色彩。
神社
 かなり久しぶりだったので、このド派手さが新鮮でした。 

 その帰りは、三十槌の氷柱。
 ここは3年ぶりだと思うのですが、以前は駐車料金500円のみだったのが、今回はそれに加えて1人200円の入場料がかかるようになっていました。
 氷柱って、寒いから、それほど長居できるものではありません。
 いくらなんでも高すぎる。。。

 氷柱は、人工エリアと天然エリアの2つに分かれていますが、人工エリアはさすがに派手。
みそつち人工

 天然エリアの自然さのほうが好みです。
みそつち天然

 そんなこんなで、お金がかかった割には満足度の低い旅行になってしまいました。
 秩父には次の土曜も行くので、そこで仕切りなおしてきます。
line
line

line
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
line
カテゴリ
line
シンプルアーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
sub_line
プロフィール

千暁@ちあき

Author:千暁@ちあき
一発変換できる名前ではないので、平仮名で「ちあき」と呼んでください。

アニソンが好き、ラノベが好き、お酒やスイーツも好き、水族館も好き、散歩も好きです。

このブログには、日常の中にある「好き」を集めてみました。

line
最新記事
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line