モーニングが気に入って通っていた、地元のカフェ。
 モーニングをやめてしまったので足が遠のいていましたが、思い切ってランチに行ってきました。

 前菜は、サラダに、さつまいもに、モッツァレラチーズに、ワカサギ。
前菜
 ワカサギは好物ですし、チーズも美味しかったです。

 景色は、こんな感じ。
景色

 メインは魚介とアボカドのドリアにしました。
メイン
 まあ普通かな。

 デザートは、カシスシャーベットと杏仁豆腐とワッフル。
デザート
 これも正直、おいしいけど普通。

 モーニング廃止とともに消えたメニュー・スコーンのほうが好みです。

 眺めも、椅子の座り心地も良くて、休日の朝、おいしいスコーンをいただきながらゆったり過ごすのがお気に入りだったのですが。。。

 ランチタイムに一人で入るとけっこう居づらかったりするし、いくらおいしくても一人ランチに1700円オーバーは高すぎるので、今後はちょっと考えたいと思います。
 コーヒーも、カップが変わって、モーニングのときの半分くらいの量になっちゃいましたし。

 カフェタイムに、スコーン&以前のコーヒーマグが復活してくれるといいのにな。
line
 日テレのバラエティ「衝撃のアノ人に会ってみた!」を観ました。

 いわゆる『あの人は、今』企画で、箱根駅伝選手も5人ほど登場。
 その中で、2009年に途中棄権となった城西大学の石田亮選手のエピソードが強く印象に残りました。

 箱根駅伝は、途中で棄権があっても選手は全員走りますが、棄権チームの記録はみんな無効になって、参考記録扱いです。
 この年は、石田選手が棄権したことでキャプテンの区間賞が幻と消えました。

 石田選手は棄権後、倒れこんで介抱されながら、ずっと「すみません」を繰り返して泣きじゃくっていました。
 そして、翌年は区間2位の快走でした。

 棄権したりブレーキになったりしても、翌年活躍できた選手は幸せだと思います。
 だから、石田選手も結果に恵まれた選手だと思います。

 ・・・決して、軽い気持ちで書いているわけではありません。
 だって、「自分のブレーキを翌年取り戻そう、と思って必死で頑張ったけどレギュラーがとれなかった」・・・という選手も当然いるでしょう。
 それに、4年生の時にアクシデントが起こったら、もう箱根では取り返せません。

 そういうことを思うと、このエピソードは、石田選手よりも、一緒に紹介されたキャプテン・伊藤選手の姿に胸を打たれました。

 4年生の伊藤選手に、次はありません。
 チームの棄権だけでもじゅうぶんに無念でしょうし、さらに、自分の区間賞が幻と消えてしまった心中は、部外者には想像もできません。
 なのに、試合後の挨拶で「勝ちたい気持ちが強かった結果だから、棄権した選手を称えたい」という主旨の発言をしてました。

 悔し涙をにじませながら「チーム全員で走った結果」とか「一人のせいじゃない」くらいなら、キャプテンとしての責任感があれば、言えるかもしれません。
 でも、棄権した後輩を誉めるとなると、建前だけで口にできるものではないと思います。

 そして、伊藤選手は翌年、スタジオゲストとして駅伝中継に出演し、テレビを通じて石田選手と会話しました。
 そのシーンも今回放送されましたが、区間2位をとった石田選手にむけた笑顔は、本当に素敵でした。
 テレビだから、人前だから、と取り繕っている様子のない、心から後輩の活躍を喜ぶ笑顔。
 私には、そう見えました。
 ちょうど1年後ですから、自分の区間賞が幻と消えたときの気持ちが生々しく甦っていたでしょうに・・・。

 こういう人柄って素晴らしいな、見習いたいな、でも私にはちょっと難しいかな、でもでも諦めないで心を磨いていきたいな・・・と思った番組でした。
line
 キュウレンジャーのCDイベントに行ってきました。
イベント

 お目当ては松本寛也くんです。
 ゴーバスターズのときに、キャラも演技も、イベントの時の松本くんの態度もすごく好きになったので、その彼を近くで見られるなら! と参加しました。
 あと、キュウレンジャーを観ていて、1話から、オープニングの伸びやかな歌声にも心ひかれていました。

 11時スタートのところ、9時45分ごろ着くと、既にけっこうな人。
 大きなお友達よりファミリーが多いです。
 前方はファミリー用のビニールシート。
 その後ろに長椅子が3列。
 私は椅子の2列目中央を陣取って、10時前からCD販売が始まったのを眺めていたのですが・・・ふと気づくとステージ脇に松本くん!

 顔ちっちゃい。
 背はそれほど高くないけど、スラっとしていて立ち姿も素敵。
 なんて思っていたら、そこに設置されたスタッフ用テントから幡野くんも出てきました。
 可愛い。新人だっていうし、大学生かな?
(と思ったのは、私の無知。けっこう長く芸能活動している28歳です)。
 松本くんは、ちょうど会場に流れていた、エンディングのカラオケにあわせ、振りを確認しています。

 そしてリハーサル。
 まずは幡野くんが、オープニングを1コーラス。
 ステージにあがりながら、前の方のお子様たちに手を振ったり、吹き抜けの上階に目を向けたり、余裕の様子。

 前奏にかぶさる「Oh~」だけでも、耳がひきつけられるような素敵な歌声です。
 歌唱は安定しているし、歌いながらも時折お子様に手を振っているし、堂々とした対応はデビュー新人とは思えないほど(だって、実際、けっこうキャリアあるもの。。。)
 子供たちに向ける笑顔は、戦隊歌手として申し分のないもので、子供たちが「親しみやすくてカッコいいおにーさん」と感じてくれそう。

 このリハーサル1コーラスだけで、私はすっかり心を奪われました。

 続いて、ジュウオウジャーのオープニングも1コーラス。
 夢中で合いの手をいれちゃいました。

 次は松原剛志さんがゴーカイジャーを1コーラス。
 そしてエンディングのダンス曲。
 ステージ脇では、松本くんと幡野くんも踊ってます。

 松本くんのリハーサルは振り付けの確認的なもので、歌も、カラオケではなく歌いりを流していた模様。

 このリハーサルですっかりテンションがあがった私は、そのままCDを買いに走りました。
 特典の撮影会に参加したくなったのももちろんですが、キュウレンのOPは歌詞に聞き取りにくい部分があるので、本番前に歌詞をチェックしたくなったんです。

 そして、歌詞をじっくり読み込みながら待っていると、3分前に、衣装に着替えた3人が再登場。
 まずは松本くんが司会として登場し、幡野くんを呼び込みます。

 幡野くんは、元気よく「みんな、こんば・・・あ、間違えた、こんにちはー!」と、いきなりやらかしてくれました。
 ところが、歌が1コーラスで終わり。
 え、まさか・・・と思ったら、続く松原さんのゴーカイジャーも1コーラス。

 でも、キュータマダンシングはちゃんとフルコーラスでした。
 5歳にもならないだろう子供たちが何人も一緒に踊っていたので、ちょっとビックリ。
 ただ、さっき脇で松本くん&幡野くんが踊っていたから、ここでバックダンサーやると思っていたのに、2人は登場せず。

 ・・・なんか、いろいろ、想像と違うんですが。。。

 しかし、ラストに再び幡野くんが登場し、今度はフルコーラス歌唱。
 Cメロの表現力がすごく豊かで、バラード歌ったら絶対すごいだろうと思います。

 最後は、出演者たちと会場のお子様がキュータマダンシングを踊るところを撮影して、コロムビアのYou Tubeで配信するとのことで、撮影会となりました。
 松本くん&幡野くんのダンスは、ここで登場です。
 スタンバイ中にも、子供たちに笑顔で手を振ったり、近くのお子様と話したりする幡野くん。

 さすが戦隊だけあって、人が多くて撮影会に並ぶのが大変だったけど(実は次の予定に遅れました。すぐ並びたかったのに、あまりの混雑で、うまく列形成に入れなかったんです。。。)、幡野くんのナマ歌は、一見ならぬ一聴の価値がありました。

 予定がなければ2回目の公演も聴きたかったです。
 リハでジュウオウジャーを歌ったのに本番がなかったのは、2回目だけの予定だったからなんでしょうし。
 (松原さんが1回目だけの登場だから、その分の時間調整ネタだったんだと思います。
 ・・・リハだけでも聴けてよかった。。。)

 そんなイベントでした。
line
 せっかく都心まで行くのだからと、魂の三兄弟ライブの前に散策してきました。
 おととしの9月と同じ、浜離宮→隅田川コースです。
 ただ、あの時は都営地下鉄のフリーパスでしたが、今回は東京メトロパス。

 まずは浜離宮を1時間半ほど歩きました。
 ここは、池も大きいし海にもつながっていて、水が豊富です。
浜離宮1

 さらに、菜の花畑も。
浜離宮2

 そして、前回同様、水上バスで日の出桟橋まで。
水上バス
 春の風が心地よいです。

 その後は浜松町から山手線で新橋へ移動し、八丁堀から隅田川へ。
 仮面ライダードライブのロケ地を再び訪ねました。
 あと、今年気づきましたが、ここはシンケンジャーのロケ地でもあります。
 序盤で、千明が一人で特訓してたのが、ここ。
永代橋1
 当時は、永代橋の向こうに見えるスカイツリーはありませんでした。

 その永代橋からの眺めが、こちら。
永代橋2

 もともとメトロパスでライブに行くつもりだったので、この散策の交通費は、山手線一駅分だけです。
 それと、浜離宮入場料が、メトロパス割引で240円、水上バスが210円。

 穏やかな晴天のもと、あまりお金をかけずに水辺さんぽが楽しめました。
line
 「魂の三兄弟」2017。
 串田アキラ&MOJO&宮内タカユキの特ソンライブです。
三兄弟

 会場はよみうり大手町ホール。
 音響が良くて、ブラスバンドの演奏がものすごく映えました。

 クッシーの歌は、ナマだからこそ伝わるものが大きいです。
 サンバルカンのOPは、そこまで好きというほどではないんですが、ナマで聴くとぐっときます。
 サンバルカンに加え、「強さは愛だ」や、シャリバンのOPも、歌詞がすごく深くて泣けました。

 MOJOさんは、CDそっくりの歌声。
 マシンマンのエンディングは、ムードたっぷりで聴き惚れました。

 宮内さんは、とにかく深いです。
 私がとくに好きなのは、康珍化先生の詞×宮にぃの歌声、バイオマンとRX。
 でも、今日はウインスペクターが胸に響きました。
 ウインスペクターは、作品は観てませんでしたが、曲はリアルタイムで大好き。
 8cmシングルを買って、繰り返しだいじに聴いていたことが思い出されました。
 あの時から、私の気持ちは変わってないなぁ・・・と、しみじみ感慨です。

 そして、浸るばかりでなく、燃える時間もありました。

 クッシーの新曲「スペース・スクワッド」。
 歌が始まったら、脇から違う人が登場してきます。

 え、誰・・・? と思ったら、サイキックラバーのYOFFYでした。
 そうか、スペース・スクワッドはギャバンとデカレンジャーのコラボ作品だから、双方の主題歌歌手がデュエットするのか!
 と、理解するだけの知識があって良かったです。

 間奏になったら左右の客席通路からそれぞれギャバンとデカレッドが登場し、通路でポーズをキメてからステージにあがっていきました。
 ちゃんと、ギャバンはクッシーに、デカレッドはYOFFYに寄り添ってます。

 シャリバンやサンバルカンで涙を流したり、スペーススクワッドに夢中で見入ったり、トークに声をあげて笑ったり。
 行ってよかったと思えるライブでした。
line
 13年7月20日に紹介した、川越のビストロ&more(アンドモア)。
 また行きたいと思いながら、気がついたら4年近く経ってしまいました。

 12時半過ぎに一人でふらっと行くと、店内は満席。
 20分くらい外で時間を潰して、13時前に入店です。

 メニューをみながら「豚肉が美味しそう。ライスorバケットは、バケットがいいな」なんて思っていたら、「ハンバーグとローストビーフは終わってしまいました。ライスも切らしてます」とのこと。
 私の希望とかぶらなくて良かった。。。

 まずはサラダです。
アンドモア2
 なんとお替り自由で、札をこちらに向けておくと、スタッフさんが適宜声をかけてくれるそうです。
 実際、お皿が空になったらすかさず足してくれました。
 満足したら、札を裏返して「STOP」にします。

 そしてメイン。
アンドモア1
 また生野菜が山盛りでビックリ。
 もう、サラダがたっぷり出てきたよね???

 でも、今週は加熱調理した野菜ばかりだったので、たっぷりの生野菜が嬉しかったです。

 お肉はほんとに美味しいし、スープもキッシュもオシャレな味。
 食後のコーヒーもたっぷりで、豪華ランチを楽しめました。

line
 毎年恒例、酒の陣で買ったもの。
集合写真

・越の華酒造 純米大吟醸
・今代司酒造 花柳界
・上善如水 SPARKLING SAKE Light
・峰乃白梅酒造 G PROTOTYPE 純米吟醸
・高野酒造 柳都
・天領盃 蔵元のあまざけ

 花柳界は毎年買っていて、お気に入り。

 上善は、試飲したらすごく美味しくて購入したんですが、帰宅して気づいたら、去年も同じものを買ってました。
 ・・・今月発売の新作って書いてあったはずなのに。。。リニューアルでもしたのかしら。

 峰乃白梅のGは、ほんとに新作です。
 酒の陣用に小瓶を用意しただけで、正式には発売前とのこと。
 名前も仮名という、ほんとにプロトタイプ。
 私が買ったのは純米吟醸で、使っているお米が五百万石だからGなんだそうです。
 ほかに、山田錦を使った純米大吟醸「Y」もあります。

 蔵元のあまざけも毎年買っています。
 酒の陣購入品として一緒に撮影しましたが、今年は帰りの荷物を減らすため、直前に通販で買いました。
 日曜のお昼前に売り切れていたので、事前購入して大正解です。
 今年は八海山のあまざけも早々になくなってました。
 もともと購入は見送るつもりだったので買えなくても良かったんですが、もうちょっと試飲したかった。。。

 お土産は、「しっとりりゅうと」と「レルヒさんのたれかつ」でした。

 食べたのは
・のどぐろ炙り丼
・ワラサのなめろう
・竹徳のえびしんじょう

 のどぐろは、毎年必ず大行列になり、必ず途中で売り切れる人気商品です。
 1,000円するので今まで食べたことはありませんでしたが、今年は思い切って挑戦。
のどぐろ

 まずはのどぐろを一口食べたら・・・うまい!

 ただ、ご飯に振ってあるごま塩が、私には多すぎて、すごくしょっぱかったです。
 振りすぎちゃった失敗作なのかしら。。。

 でも、のどぐろは文句なく美味しかったです。
 私は10時過ぎに並ばずに買いましたが、ちょっと後にはけっこうな列ができていて、11時20分に気がついたら、売り切れの表示がありました。

 なめろうは、今年の新作。
 これも美味しかったです。
 ワラサの身がしっかりしてました。
 日本酒に合う合う!

 あとは、久しぶりの竹徳。

 ほか、最後に、半額になった鳥のから揚げを買って新幹線で食べましたが、さっぱりめで美味しかったです。

 そんな、2017年酒の陣でした。
line
 今年も行ってきました、新潟酒の陣。
 例年、1ヶ月前の発売日に新幹線の早割で予約するんですが、今年は行くかどうかギリギリまで悩んでいたため、割引が使えません。
 そこで、「週末パス+新幹線自由席」を選択。

 大宮からの途中乗車になるので、20分前にホームへ着いて先頭に並び、入線してくる列車をチェックして、2階席が空いているのを確認したうえで乗り込みました。
 早割だと1階になるので、いつもより眺めが良いです!

 越後湯沢の手前で「トンネルを抜けると、そこは雪国」状態になるのも、長岡を過ぎると雪が減ってきて新潟に着く頃には雪がないのも、いつものこと。

 到着時に、車窓から酒の陣会場に隣接している日航ホテルが見えたのは、2階ならではです。
 会場に向かって手を振りたい衝動にかられましたが、一人でやったらアホなので思いとどまりました。

 新潟に着いたら、さっそくホテルにチェックインし、5分で出発。
 ロビーの無料コーヒーをいただいたら、会場ではなく水上バス乗り場へ向かいました。
信濃川
 こういう川の遊歩道、とっても好きです。隅田川もこんな感じかな。

 昨年と同じ時間の船に乗ったんですが、けっこう人が居た昨年に対し、今回は外の船上デッキは完全に貸切状態。
水上バス
 私が乗ったところから酒の陣会場までの乗船時間は5分なので、3分もすると船は減速を始めますが、その3分だけでも十分に船上観光を楽しめました。

 そして、まずは展望台で、景色を眺めながらピュアソフトをいただきます。
展望台
 これがまた、おいしい! 景色も素晴らしい!!
 もう何度も来ていますが、川と海が混在するこの眺めは、いつ見ても大好きです。
 
 それから、4時半ごろようやく会場入りしましたが、初日は試飲チケットを買わず、中で合流した仲間と喋って終わりました。

 その後は、新潟の仲間と2次会。
 いつものお店は経営が変わって料理もけっこう変わっちゃってましたが、豆アジのからあげやハタハタのから揚げ、白子にあんきもなど、酒の肴を美味しくいただきました。

 この2次会がけっこう長引いて、ホテルに戻ったのは夜11時半。
 コンタクトを外した後で、メガネを忘れたことに気づきましたが、完全に「寝るだけ」だったので何とかなりました。
 自宅内ですら裸眼では歩けないド近眼なので、メガネを忘れるなんて失態は初めてです。
 部屋でくつろぐ旅行の時じゃなくて良かった。。。

 と思いながら12時に就寝、7時起床。
 8時前にホテルを出て8時20分から並び、6時の閉会ちょっと前まで、ずっと会場内で飲んで、仲間と喋ってました。

 ・・・今回は、帰り際にまた展望台を覗くまで、座った記憶がないです。
 もしかして、朝8時から夕方6時まで立ちっぱなしだったかも。。。
 我ながら、よく平気だったと思います。

 今年は一段と混んでいた気がしますが、新潟の仲間と年1回の交流を楽しみ、船や展望台からの眺めに見入り、美味しいものをいただき、行って良かったと思える2日間を過ごしてきました。

line
 昨日のイベントが良かったので、今日も行ってしまいました。
 吉岡亜衣加ニューアルバム「虹をつないで」発売記念イベント、ららぽーと立川立飛。
立飛
 昨日に続き、センターじゃないけど最前列をゲットです。

 昨日はテロンとした素材のワンピース1枚だった亜衣加ちゃんですが、今日は屋外なのでロングカーディガンも羽織ってました。

 今日は1回公演で
・瑠璃ノ空へ
・命ノ相聞歌
・薫り語り
・デイジー
・十六夜涙

 私は音響とか全然わからないし気にもしてませんが、室内と屋外ではやっぱり音の響きが違いました。
 今日のほうが、空に広がってく感じ・・・外なんだから当然ですが。

 MCでは、掛川お茶大使の話や、全国ツアーは移動も楽しい、といった話がありました。
 フェリー移動もあったんだそうです。

 十六夜涙の最後のロングトーンは、いつも4小節以上伸ばしているのに、今日は楽譜どおりの13拍。
 直前のブレスを失敗したのか、連日のイベントでちょっと疲れていたのか・・・?
 それでも安定の歌声だし、今回のアルバムは曲も良くて、聴きながら思わず涙ぐんでしまいました。

 来週の蕨公演はちょっと行けないので、次は5月の全国ツアー関東公演になります。
 それまでに、今回のアルバムをしっかり聴いておこうと思います。
line
 今日はベニバナウオーク桶川で、吉岡亜衣加ニューアルバム「虹をつないで」発売記念イベントでした。
桶川

 こういうイベントは、開演1時間前までに着くくらいを狙っています。
 今回は13時~なので、12時に余裕をもって到着。

 最前列をキープして待っていると、12時前に亜衣加ちゃんが登場しました。
 「13時から本番です」というアナウンスを3回くらい交えつつ、4曲を途中まで歌って、10分ちょっとのリハーサル。

 明るいベージュのウールコートに、細身のジーンズ、茶色のロングブーツという格好でした。
 コートの下は、オレンジっぽいチェックのネルシャツ。
 その中から、厚手の長袖Tシャツものぞいています。
 たぶんアンダーシャツも着ているんだろうし、かなりの厚着・・・?

 それが、本番になったら薄いワンピース1枚になってました。
 かなり両極端だけど、体調維持はだいじょうぶなのかしら。。。

 リハーサルから開演までの間は、ニューアルバム「虹をつないで」が流されていました。
 発売から半月以上経ちますが、私は今日のイベントで購入するつもりだったので、アルバムを聴くのはこれが初めて。

 「静かなる奔流」も初めてでしたが、前奏からすごく好みで、ゾクゾクするほど魅力的でした。

 セットリストは、1回目
・瑠璃ノ空へ
・旅立ちのとき~未来へと~
・デイジー
・十六夜涙

 2回目は
・嵐の中で咲く華
・常盤火
・薫り語り
・舞風

 静かなる奔流が出なかったのは残念でしたが、すごく引き込まれて、もっと聴きたくなったので、明日の立川も行こうと思います。
line
line

line
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
カテゴリ
line
シンプルアーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
sub_line
プロフィール

Author:千暁@ちあき
一発変換できる名前ではないので、平仮名で「ちあき」と呼んでください。

アニソンが好き、ラノベが好き、お酒やスイーツも好き、水族館も好き、散歩も好きです。

このブログには、日常の中にある「好き」を集めてみました。

line
最新記事
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line