キュウレンジャーが熱かった!

 キュウレンジャー16話「スティンガー、兄との再会」。
 ズタズタのボロボロになってしまったスティンガーがあまりに気の毒で、あまりに強烈な話でした。

 そもそも、自分の兄であるスコルピオが故郷の部族を皆殺しにして敵方についたこととか、キュウレンジャーの仲間の一人チャンプがスコルピオを「恩人の仇」として追っていることだけでも、スティンガーはいろいろ苦悩していたはずです。
 そこへきて、兄と再会してみれば「敵の内側に入ってボスを倒すためにやったこと。目的を果たしたら、自分の罪は自分の命で償う」とか言うんですから、動揺するしかありません。

 ・・・ただ、スコルピオの告白は、見ていてウソっぽいと思いました。
 だって、部族皆殺しまでやっておいて「作戦だった」はないでしょう。
 「作戦」で済ませるには罪が大きすぎます。
 それを戦隊でやるとは考えにくいです。
 で、実際、「作戦だった」はぜんぶウソで、スコルピオはとことんまで敵でした。

 でも、鈍い私でさえおもいっきり怪しんだのに、兄を信じたいスティンガーはころっとだまされて、二人だけの時間に安らいだ表情を見せたうえに、キュウレンジャーの当面の活動目的をぜんぶバラしてしまいました。
 そんな場面の後でスコルピオが本性を明かし、攻撃されてショックを受ける・・・というのは、まあ、わりとある展開だったと思います。

 でも、今回スティンガーには、まだまだ悲惨な出来事が続きます。

 完全に傷ついて「絶望した・・オレを殺せ」的に無抵抗で殺されようとしたところをチャンプにかばわれ、ロボットのチャンプは見事なまでに大破。
 これで、さらに絶望の上塗りです。

 しかも、チャンプは「兄貴がいないとか言うな。俺がいる。お前に敵討ちを託してやる」と言い残して機能停止しちゃいます。
 あまりに強烈な殺し文句。。。

 その後、「本部ならチャンプを直せるかもしれないけど、ダメかもしれない」という展開になります。
 スティンガーは、チャンプの仇をとるために出て行こうとしますが、司令官はそれを止めて、チャンプを本部へ送っていくよう命令し、「君が冷静さを失ったせいでチャンプがこうなったことを胸に刻んでおけ」。

 ・・・最高に厳しすぎるセリフに、絶句しちゃいました。
 そりゃ、今のスティンガーが一人で行ったところで返り討ちにあうのがオチですから、司令官の言葉はスティンガーを守るためにも必要だったし、なにより正論です。
 でも、これまでの展開でさんざん傷ついたスティンガーに、完全にトドメ刺してます。

 戦隊で、ここまでメインキャストをズタボロにするのも珍しいな・・・と思いました。
 スティンガー、いくらなんでもかわいそう。。。
 デカレンジャーの、ホージーの悲恋もかなり衝撃だったけど、これを見た後だと、あれはまだ悲劇度が薄かったと思わずにいられません。

 まあ、そこは戦隊ですから、スティンガーの心はちゃんと復活するに決まってますが。
 ・・・私だったら、ここまでボロボロにされたら、復活はちょっと無理。
 スティンガー、あのまま兄さんに殺されてたほうが良かったんじゃない・・・? とか、ちらっと思っちゃいました。

 とはいえ、戦隊で初期メンバーが死ぬことはまずありませんし、ましてや序盤で死ぬなんてありえません。
チャンプも復活してくれることでしょう。

 全体のトーンは明るめなのに、意外にハードな物語のキュウレンジャー。
 今後が気になるので、しっかり見ていこうと思います。

line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
カテゴリ
line
シンプルアーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
sub_line
プロフィール

千暁@ちあき

Author:千暁@ちあき
一発変換できる名前ではないので、平仮名で「ちあき」と呼んでください。

アニソンが好き、ラノベが好き、お酒やスイーツも好き、水族館も好き、散歩も好きです。

このブログには、日常の中にある「好き」を集めてみました。

line
最新記事
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line