「銀魂」実写劇場版をみた!

 実写映画の銀魂。

 「定価は払いたくない、割引デーに行けないなら諦める」と思って、なんとか割引デーに都合がついたので行ってきました。

 良かったです!

 4月期の再放送枠で映画の宣伝してましたから、その登場人物紹介から、紅桜編なのはわかっていました。
 なのに再放送で紅桜編をしっかり放送した時は、「ここでストーリー見ちゃったら、映画に行く意欲が削がれてしまう。。。毎週の宣伝コーナーも含めて、ちょっとやりすぎじゃない? テレビの告知だけで満足しちゃうよ??」と思ったんですが。
 あらすじを把握しているからこそ、作品に集中できました。
 あの再放送を見ていて良かったです。
 
 それにしても、さすが銀魂。実写になっても、有名作品をいじりまくるところは変わりません。
 サンライズとジャンプの超大型作品、ガンダム&ドラゴンボール&ワンピースから、天下のジブリまでネタにしていて、笑い転げました。
 映画館という公共の場所だから少しは遠慮したけど、ほんとはお腹かかえてゲラゲラやりたかったです。

 面の皮の厚さがタウンページとか、エリザベスをQ太郎と呼んで「犬を怖がりそう」とか、アラフォー以上じゃないと厳しいネタもちらほら。

 キャラクターのビジュアルも、皆さんかなりいい感じでした。
 強いて言うなら、土方はもう少し年齢のいった役者でも良かった気がするのと、近藤ゴリラがイケメンすぎてたのがイマイチな点かな。
 立ち姿にも風情があって素敵な近藤なんて、銀魂の近藤じゃない~~と思いました。
 ・・・役者がカッコいいから、というのは理由になりません。
 実力のある役者さんなら、役に合わせて自分のカッコよさを落とすことができるはず。
 近藤さんは、立っているだけでアホさが漂うキャラクターに仕上げてほしかったと思います。

 演技のほうは、安田顕さんがすごかったです。
 滑舌がよければ必ずしも上手いというわけではありませんが、基本的に早口で怒鳴るように喋る鉄矢というキャラクターを、見事に再現してました。
 彼と比べて新八の滑舌が悪く、けっこう気になってしまったり。。。
 菅田くんはとても上手い役者さんだと思ってますし、民王や帝一の國で怒鳴り口調のシーンをちゃんとこなしてきたはずだけど、今回は「辻斬り」とかイマイチ口が回ってなかった気がします。

 でも、全体的にはほんとに、楽しめる作品でした。
 連日の残業でかなり疲れていて「つまらなかったら、途中で寝そう・・・」と思っていたのに、ちっとも寝そうにならなかったくらいです(眠かったけど・・・)。
 銀魂実写劇場版、満足です!
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
カテゴリ
line
シンプルアーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
sub_line
プロフィール

千暁@ちあき

Author:千暁@ちあき
一発変換できる名前ではないので、平仮名で「ちあき」と呼んでください。

アニソンが好き、ラノベが好き、お酒やスイーツも好き、水族館も好き、散歩も好きです。

このブログには、日常の中にある「好き」を集めてみました。

line
最新記事
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line