東村山菖蒲まつり2018

東村山菖蒲まつりに行ってきました。

昨年、デジカメにSDカードをいれるのを忘れ、あっという間に容量オーバーで写真が撮れなくなってしまったので、今年はしっかりカードを確認。

いざ菖蒲園・・・の前に、わりと有名なうどん屋さん「野口製麺」へ。
開店から10分程度のはずなのに満席です。
それはいいのですが・・・屋外の席は、すりガラスのようなプラスチック板(?)の屋根。
私は直射日光で自律神経が乱れて頭痛と吐き気を起こすので、体調を崩す前に席を替えてもらいました。

それに、店内席・店外席とも、とにかく狭かったです。
待っている間に文庫本を読むのもはばかられ、肩をすぼめてケータイいじるのがやっとでした。

味は、手打ちうどんとしては並みレベル。
接客は、こういうお店にしては意外なほど感じがよかったと思います。

そしていよいよ菖蒲園。
一口に「菖蒲」といっても、青に紫から黄色まで、いろいろあります。
菖蒲1

黄色い菖蒲は、遠目だと水仙みたい。
菖蒲2

園内を一周して花を見たら、次は屋台。
おだんごをいただいている間にふと気づくと、ひがっしーがいます。その先にはしょうちゃんも。

しょうちゃんは会場をぐるっと一周歩いたのに、ひがっしーはずっと入口付近にいるままでした。
この2体、去年もそんな感じだったけど、菖蒲まつりイメージキャラクターのしょうちゃんに主役を譲って、ひがっしーは脇役に徹しているのかな?

しょうちゃんは、お子様から、屋台のスタッフさんたちにまで愛嬌をふりまき、撮影のたびにポーズをキメてます。
菖蒲をバックにしたしょうちゃんは、まさに水を得た魚のよう。似合ってます。
しょうちゃん
きっと暑いでしょうに、疲れも見せず仕事を全うするその姿に惚れました。

それに、ここのスタッフさんたちは気軽に「写真撮りましょうか?」と声をかけてくれるので、一人で散歩している私も、まるで連れがいるかのように気兼ねなくキャラとのツーショットが撮ってもらえます。
大人一人でキャラさんとツーショット、とはなかなか言い出せないので、正直かなり嬉しいです。

最後に、テントに帰っていくひがっしーを見ましたが、あらためて後ろ姿をみると、ひがっしー、短足。。。
ひがっしー

そして、最後の最後に、新宿から電車で30分ちょっととは思えない風景を一枚。
遠景

屋台には地元グルメもいろいろあるし、入場無料なのにスタッフさんたちがすごく頑張っているし、とっても素敵なイベントでした。
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
カテゴリ
line
シンプルアーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
sub_line
プロフィール

千暁@ちあき

Author:千暁@ちあき
一発変換できる名前ではないので、平仮名で「ちあき」と呼んでください。

アニソンが好き、ラノベが好き、お酒やスイーツも好き、水族館も好き、散歩も好きです。

このブログには、日常の中にある「好き」を集めてみました。

line
最新記事
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line