はじめての雪くま

 熊谷のご当地かき氷、雪くま。
 何年も前から興味があったので、ほどほどのお値段でトッピングがオシャレなお店を探し、行ってみました。

 妻沼の「大福茶屋さわた」・・・最悪な店です。
 
 順番待ちで名前を書いてから3分後に呼ばれて、席についてから雪くまが届くまで50分。
 「時間がかかります」の一言すらなく、そのまま50分待たされました。

 しかも、いわゆる古民家カフェの2階なのに店員の女性がドタドタ歩くので、畳が揺れて盛り付けが崩れてきます。
 私の雪くまに載ったあんこは、その店員が歩いている間だけずり落ちていき、店員が畳を下りると止まりました。

 ほんとだったら今頃はもう移動していたかったのに。次の予定に間に合うかしら・・・
 なんて思いながら食べて、おいしいはずはありません。
 ・・・まあ、味自体は悪くなかったと思いますが。

 せっかくの初体験が台無しになったので、翌日、別のお店に行ってきました。
 往復3時間半、交通費2000円近くをかけてでも、「大福茶屋さわた」という最悪な店の記憶を上塗りしたかったんです。

 選んだのは「小山食堂」。
 想像していたより小さく、テーブル4~5席のお店でした。

 常識的な対応、常識的な提供時間でテーブルに届いたブルーベリーミルクの雪くまは、トリのムネやササミを割いたような形の、細長い氷が重なっています。
 そしてトッピングには本物のブルーベリー。
雪くま
 ミルクは・・・正直、市販の練乳そのまんまかなって感じでした。

 ブルーベリーは好物だし、美味しかったけど、器が小さめなのでいくつもテーブルに落としてしまい、泣く泣く諦めるハメに。
 ああ、不器用な自分が恨めしい。。。

 でも、何年も前からいちど食べてみたかった雪くまを、落ちついて「初体験」できました。
 それに、このお店はご当地グルメのフライもあるようですし、お値段もとっても良心的。
 機会があったらまた行って、フライを食べてみたいです。
line

comment

Secret

line
line

line
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
カテゴリ
line
シンプルアーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
sub_line
プロフィール

千暁@ちあき

Author:千暁@ちあき
一発変換できる名前ではないので、平仮名で「ちあき」と呼んでください。

アニソンが好き、ラノベが好き、お酒やスイーツも好き、水族館も好き、散歩も好きです。

このブログには、日常の中にある「好き」を集めてみました。

line
最新記事
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line